消費税増税前に買いたいのは「住宅」

旭化成ホームズ(株)はこのたび、「2013年の消費意欲と住宅需要に関する意識調査」の結果を発表した。
平成24年12月14~16日にインターネット上で行った、「消費税増税1年前・2013年の消費意識」についての調査(対象は全国の30歳以上の既婚者1,566人)と、「消費税増税と新築住宅需要」についての調査(対象は全国の30歳以上の既婚者で、3年以内に新築住宅(新築一戸建て(注文住宅含む)もしくは新築マンション)を購入する意向がある475人)の結果をまとめたもの。
消費税増税前に買っておきたい商品、30~50代では「住宅」が1位

「消費税増税1年前・2013年の消費意識」についての調査において、「消費税増税が施行される前に、なるべく早く買っておきたい商品やサービスジャンル」を複数回答で聞いたところ、年代によって結果に差が生じた。30~50代では、「住宅」(42.3%)、「自動車」(37.8%)、「白物家電」(33.0%)、「黒物家電」(25.0%)、「パソコン」(24.2%)の順となり、「住宅を筆頭に高額商品を優先的に購入したい意向」が見られたが、60歳以上では、「パソコン」(21.0%)、「白物家電」(19.5%)、「生活必需品」(17.4%)、「自動車」(14.6%)、「黒物家電」(13.9%)の順で、「30~50代に比べてジャンルが大きく異なったほか、それぞれの回答率も低い結果」となった。
消費税増税が「家計を圧迫する」と考えている人は、合計で94.1%(「大きく圧迫する」45.3%、「少し圧迫する」48.8%)と圧倒的多数を占めた。しかし、消費税増税に向けての家計の対策は、52.6%が「今は考えていないがこれから考える」、33.9%が「特に対策は考えない」と回答しており、「考えている」は13.5%にとどまった。
また、今回の消費税増税により、「夫の毎月のお小遣い額」を変えるべきかどうかを単一回答で聞いたところ、最も多かったのは「消費税増税があっても、あなた/夫の小遣い額は現状維持にするべきだと思う」で全体の65.8%を占めており、次いで「家計が圧迫されるので、下げるべき」(30.2%)、「あなた/夫の出費が増えるので、上げるべき」(4.0%)の順となった。男女別に見ると、「下げるべき」との回答は男性36.2%、女性21.4%となり、「夫本人である男性の方が『下げるべき』という意見が多い傾向」にある。「現状維持」との回答は、男性59.1%に対し、女性は75.6%を占めた。

3年以内に新築住宅購入意向がある人のうち、83.4%が「消費税増税前に購入したい」

「消費税増税と新築住宅需要」についての調査において、消費税増税を踏まえた新築住宅の購入のタイミングを二者択一で聞いたところ、「消費税増税前に購入したい」との回答が83.4%を占め、「消費税増税後に購入したい」(16.6%)を大きく上回った。
「消費税増税前に購入したい」と回答した人に、その理由を複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「消費税増税の負担を少しでも軽減したいから」(87.1%)で、同社では「ほとんどの人が消費税増税の負担を減らす目的で、『増税前のタイミング』で買うべきと考えている」と見ている。一方、「消費税増税後に購入したい」と回答した人に、その理由を複数回答で聞いたところ、最多は「住宅購入は、増税に関係なくゆっくりと考えるべきものだと思うから」(49.4%)で、次いで「増税後は物件価格が下落すると考えられるから」(40.5%)の順となっている。(不動産ジャパンより引用)

住宅は人生の中で一番高い買い物ともいわれているだけあり、消費税増税による影響は大きいですよね。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s