コムシティ10年ぶり再開

北九州市八幡西区のJR黒崎駅前の複合商業施設「コムシティ」が2日、再オープンした。 第3セクターの運営会社が経営破綻して商業施設部分(通路を除き約2万9000平方メートル)が閉鎖されてから10年近く。再開までに市が約100億円を支援した施設が、地盤沈下が続く副都心・黒崎浮揚の起爆剤となるか注目されている。 コムシティが入居するビルは高層棟(地上12階~地下1階)と低層棟(地上4階)の2棟で構成。高層棟の7階の北九州市立「子どもの館」などと9~12階のホテルを除き、商業フロアが空室のままとなっていた。 低層棟を中心とした商業フロアは西日本鉄道(福岡市)が一括賃借し、飲食店などが出店した。高層棟について市は商業施設で埋めることを断念し、区役所や市立美術館のギャラリー、青少年交流施設などを入居させることにした。(YOMIURIONLINEより引用) 将来的に、地盤沈下が続く黒崎浮揚の起爆剤となってくれるといいですね。   注目企業エリアクエストの関連リンク エリアクエストコーポレートサイト エリアクエストごあいさつ エリアクエスト会社概要 エリアクエスト事業概要 エリアクエストの株価 エリアクエスト bloombreg エリアクエスト Kmonos 関連リンク エリアクエストブロガー エリアクエストLivedoor エリアクエストDTI エリアクエストエキサイト エリアクエストココログ エリアクエストフルーツブログ エリアクエストみぶろぐ エリアクエストQblog エリアクエストsublimeblog エリアクエストのブログ エリアクエストアメーバ エリアクエストはてなブログ エリアクエストyaplog エリアクエストMARUTA エリアクエストスタブロ […]

Read Article →

エリアクエストのご紹介2

東証マザーズ上場の不動産業者エリアクエストでは、「ファシリティマネジメントコンサルティングサービス」を提供しているようで、同社は、「 従来の単なる借主の 賃借条件(立地、予算、規模等)と物件情報のマッチングによるオフィスの開設ではなく、長期的且つ経営的視点で計画的にオフィスを開設することにより、 設備投資の最小化、機能性・生産性などに対する効果の最大化等の、 借主の事業収益につながる一つの経営資源としてのオフィスを開設する提案を行っております。オフィス新設・移転の際は、情報力と組織力が強みのエリアクエストグループにお任せください。」とPRしている。 今後の成長が楽しみな会社ですね。 株価情報は以下からご参照ください。 エリアクエスト Kmonos エリアクエスト bloombreg

Read Article →

消費税増税前に買いたいのは「住宅」

旭化成ホームズ(株)はこのたび、「2013年の消費意欲と住宅需要に関する意識調査」の結果を発表した。平成24年12月14~16日にインターネット上で行った、「消費税増税1年前・2013年の消費意識」についての調査(対象は全国の30歳以上の既婚者1,566人)と、「消費税増税と新築住宅需要」についての調査(対象は全国の30歳以上の既婚者で、3年以内に新築住宅(新築一戸建て(注文住宅含む)もしくは新築マンション)を購入する意向がある475人)の結果をまとめたもの。消費税増税前に買っておきたい商品、30~50代では「住宅」が1位 「消費税増税1年前・2013年の消費意識」についての調査において、「消費税増税が施行される前に、なるべく早く買っておきたい商品やサービスジャンル」を複数回答で聞いたところ、年代によって結果に差が生じた。30~50代では、「住宅」(42.3%)、「自動車」(37.8%)、「白物家電」(33.0%)、「黒物家電」(25.0%)、「パソコン」(24.2%)の順となり、「住宅を筆頭に高額商品を優先的に購入したい意向」が見られたが、60歳以上では、「パソコン」(21.0%)、「白物家電」(19.5%)、「生活必需品」(17.4%)、「自動車」(14.6%)、「黒物家電」(13.9%)の順で、「30~50代に比べてジャンルが大きく異なったほか、それぞれの回答率も低い結果」となった。消費税増税が「家計を圧迫する」と考えている人は、合計で94.1%(「大きく圧迫する」45.3%、「少し圧迫する」48.8%)と圧倒的多数を占めた。しかし、消費税増税に向けての家計の対策は、52.6%が「今は考えていないがこれから考える」、33.9%が「特に対策は考えない」と回答しており、「考えている」は13.5%にとどまった。また、今回の消費税増税により、「夫の毎月のお小遣い額」を変えるべきかどうかを単一回答で聞いたところ、最も多かったのは「消費税増税があっても、あなた/夫の小遣い額は現状維持にするべきだと思う」で全体の65.8%を占めており、次いで「家計が圧迫されるので、下げるべき」(30.2%)、「あなた/夫の出費が増えるので、上げるべき」(4.0%)の順となった。男女別に見ると、「下げるべき」との回答は男性36.2%、女性21.4%となり、「夫本人である男性の方が『下げるべき』という意見が多い傾向」にある。「現状維持」との回答は、男性59.1%に対し、女性は75.6%を占めた。 3年以内に新築住宅購入意向がある人のうち、83.4%が「消費税増税前に購入したい」 「消費税増税と新築住宅需要」についての調査において、消費税増税を踏まえた新築住宅の購入のタイミングを二者択一で聞いたところ、「消費税増税前に購入したい」との回答が83.4%を占め、「消費税増税後に購入したい」(16.6%)を大きく上回った。「消費税増税前に購入したい」と回答した人に、その理由を複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「消費税増税の負担を少しでも軽減したいから」(87.1%)で、同社では「ほとんどの人が消費税増税の負担を減らす目的で、『増税前のタイミング』で買うべきと考えている」と見ている。一方、「消費税増税後に購入したい」と回答した人に、その理由を複数回答で聞いたところ、最多は「住宅購入は、増税に関係なくゆっくりと考えるべきものだと思うから」(49.4%)で、次いで「増税後は物件価格が下落すると考えられるから」(40.5%)の順となっている。(不動産ジャパンより引用) 住宅は人生の中で一番高い買い物ともいわれているだけあり、消費税増税による影響は大きいですよね。

Read Article →

じつはおいしい「立ち退き」事情

都市計画道路や再開発、大型マンションの建設で、古くからそこに暮らす住民が立ち退きを迫られる。近隣住民は一致団結して立ち退きに反対し、行政や再開発業者と対立…。ドラマや映画でよく見るシーンである … 都市計画道路や再開発、大型マンションの建設で、古くからそこに暮らす住民が立ち退きを迫られる。近隣住民は一致団結して立ち退きに反対し、行政や再開発業者と対立…。ドラマや映画でよく見るシーンである。 こうしたイメージも手伝い、「立ち退き」という言葉にはどちらかというとネガティブな響きがある。だが一方で、立ち退きにあたっては相当額の「補償金」が発生するなど、“おいしい思い”をすることも少なくないと聞く。じっさいのところはどうなのか? 大型マンション開発などを手がけるデベロッパーの現役社員に生々しい実態を聞いた。 ■通常の土地取引にはない「迷惑料」の存在 「ケースバイケースなので、一概には言えませんが…」 そう前置きした上で、大手デベロッパー勤務のMさんは教えてくれた。 「都市計画道路(※)の整備や再開発などによって住む場所を追われる人への補償は、ハッキリ言って手厚いです。私の印象ではほとんどの人が得をしていると思います。特に、計画用地内に土地を持っている場合はかなり“おいしい”ですね」 最近でも、10年前に土地代込み4000万円だった家が再開発の対象地域となり、5000万円で売れたなんてケースがあるという。通常なら10年も住めば1000万円以上値下がりしてもおかしくないが、プラス1000万円という破格の値段がついたのだ。 ドラマでは、立ち退きに反対する住民団体に「迷惑料」などを渡して切り崩すシーンがある。ああいった金銭の受け渡しは実際に行われるのだろうか? 「そうしたお金のやりとりは確かに存在しています。土地についてはあくまで路線価などの相場によって買い取り価格が決まりますが、そのほかに立ち退きに際してかかるもろもろの費用がプラスされるようになっているんです。そこにはいわゆる迷惑料をはじめとする、さまざまな項目が含まれているんです」 土地の価格はあくまで相場から算出されるが、「迷惑料」は個々の状況次第で大きく変わる。例えば、その土地に対する「思い入れの強さ」によっても金額は変わるようだ。 ■「思い入れ」をはかる基準とは? とはいえ「思い入れ」という感情的な要素を金額に換算するのは難しい。そこで、思い入れを「目に見えるカタチ」として残すことで、査定を有利に運ぶことができるという。 「例えば、子どもの身長を測る柱の傷は『子どもを育んだ家』という家主の思い入れを感じさせます。庭に植えられた木も『家族を見守ってきたシンボル』として、思い出深いストーリーになります。そうした“物語”が多ければ多いほど、査定の金額は高くなります。だから家を買ったときは、とりあえず庭に木を植えることをオススメします(笑)」とMさんは含み顔で教えてくれた。 Mさんによれば、査定は「けっこうザル」とのこと。交渉によって500万円くらい値段がつり上がることも珍しくないという。ならば、できるだけ交渉を引き延ばしたほうがトクなのではないか? 「確かに“ゴネ得”という面はあると思います。ただ、あまり欲をかくと損をしてしまうこともありますよ。特に行政主導の都市計画道路などの場合、交渉を長引かせすぎると『強制収用』の対象となってしまいます。行政は強権によって強制的に土地を収用することができますから、そうなるとけっきょく相場並みの価格になってしまう可能性もあります」 ■都市計画地の土地は「買い」なのか? もちろん、その土地に心から思い入れがあり、立ち退きに応じたくない人もいるだろう。ただ、あくまで補償という点においては、悪くない条件が提示されるようだ。ならば、数年後に高く売ることを見越して、都市計画道路や再開発の計画地などを先んじて購入しておくのもアリなのでは? 「確かにそういう考え方もあると思います。ただ、計画地に家を買ったとしても、その整備や開発がいつ実行されるかなんて誰にも分かりません。東京には50年前の東京オリンピック時に立案されて、いまだに実行されていない計画もたくさんありますからね。当然、開発が実行されなければ『迷惑料』などは発生しません」 例えば東京の都市計画地については、東京都都市整備局のホームページなどで確認することができる。しかし、その優先順位や重要度を我々が知り得る術は、残念ながらないとのこと。補償というリターンを見越してそうした土地を買うにしても、ある程度ギャンブル性の高い投資であることを心得ておく必要がありそうだ。 ※都市計画道路…住宅地や交通機関、公園などをつなぐ、都市の骨格となる道路。自治体が「都市計画法」に基づいて整備を決定する。(SUMOジャーナルより引用) 立ち退きというとあまり、良くないイメージですが、得するケースもあるのですね。

Read Article →

エリアクエストのご紹介1

エリアクエストとは事業用の不動産賃貸を主に営む会社であり、2000年1月にエリアリンク(株)として本格的なスタートを切り、データベースマーケティングを駆使した営業力を武器にテナント誘致を中心とした成功報酬型ビジネスを急拡大させ03年2月に東証マザーズに株式を上場した企業である。エリアクエストの株価はこちらから参照できます。 ストック収入型ビジネスと成功報酬型ビジネスを両輪に安定成長を目指したり、Only Oneのサービスでストック収入型ビジネスを強化したりと今後の成長の為の戦略を打ちたてている。不況といわれる業界の中で、現在、四半期ベースでは4期連続の営業黒字の確保している。 今後の成長に期待できますね。

Read Article →

燃料電池、マンション世帯にも 東京ガス、業界初 省スペース…課題は低価格化

東京ガスは、都市ガスを利用して電気とお湯を供給する家庭用燃料電池「エネファーム」の集合住宅向け機種を平成25年度後半にも発売する。国内で販売されている機種は主に一戸建て向けで、マンション各戸に設置できるものは業界で初めて。購入者の実質負担額は国の補助金などを含めると150万円程度に抑えられる見通しで、節電意識が高まるなか、燃料電池の普及に拍車がかかりそうだ。  エネファームは都市ガスなどから取り出した水素と空気中の酸素との化学反応で発電し、同時に出る温水を給湯にも利用する機器。標準的な家庭で光熱費を年6万円程度削減でき、国も補助金制度を設けて普及を後押ししている。  東京ガスが開発を進めている新機種は、ガスや水道などの配管が集まるパイプスペースに収納できる小型のもの。新築分譲時にあらかじめ据え付ける形で販売する。1台当たりの導入コストは現行機種と同水準か、それ以下に抑える。  東京ガスは4月1日から部品数を従来機種より2割削減するなど小型化した戸建て用エネファームの新機種を発売する。白金など高価な材料の使用量を減らした結果、希望小売価格を業界で初めて200万円未満に抑えたが、マンション用の新機種にもこうした開発成果を生かす。  エネファームは東日本大震災後、急速に販売台数を伸ばしている。国の補助金事務を代行する燃料電池普及促進協会によると、24年度の申込件数は2万件近くに上り、すでに前年度の件数を上回った。  ただ、数十万円の補助金を差し引いても価格は依然高い。サイズも東京ガスが現在発売している機種で高さ約2メートル、幅約1メートル、奥行き数十センチとスペースを取るため、購入者は一戸建てに住む環境意識の高い富裕層が多く、集合住宅への導入はほとんどない。  現行の補助金制度は27年度で終了する見通しのため、販売を軌道に乗せるには早期の低廉化が不可欠。東京ガス幹部は「集合住宅に設置できればエネファームのマーケットは一挙に広がり、価格も下げられるはず」と期待している。(msnニュースより引用) 燃料電池の実用化され生活に定着すれば、相当量のエネルギーの節約になりますね。また、災害時などにも役に立つことでしょう。

Read Article →

三井不動産リアルティ13、14年春は各200人程度の新卒採用計画

就活解禁-。企業の厳選採用の傾向は今シーズンも続く。内定勝ち取るには何を心がければいいのか。採用担当者に聞く。  「三井のリハウス」の不動産仲介事業で知られる三井不動産販売は今年4月、関連子会社5社の吸収合併を機に、三井不動産リアルティとして新たなスタートを切った。  政府は2010年に閣議決定した新成長戦略に伴い、20年までに「中古住宅流通・リフォーム市場の規模倍増」をうたい、中古住宅市場の活性化を促している。  人材開発部人材開発グループの熊木敏信グループリーダーは「不動産仲介業には爆発的なヒットというものはないが、消費者の住まいへの考え方も今では新築一辺倒から変わり、注目されている業界」と話す。  そこで、2013、14年春にはそれぞれ約200人の新卒採用を計画。合併前に採用を決定した12年春の新卒入社組は約100人だから倍増だ。  職種は総合職と一般職。そのうち約4分の3が総合職で、主に個人仲介の営業を担当する。「不動産を売りたい人、買いたい人を結びつけるのが仕事。自前の商品がないだけに、社員の人柄・知識が“商品”となる」と語る。 このため、「何でも答えられる」信頼性が欠かせない。入社後の約2カ月間、社内研修機関と店舗現場で集中研修。マナーに始まり、不動産知識から法律、税金、住宅ローン知識まで内容は多岐にわたる。その後もフォロー研修が続き、4年をかけて一人前に育てる。 採用したい人物像を問いかけると「フットワークとやる気、そして心配りができる人」と、自身の営業経験も振り返って答える。「扱う不動産は一つ一つ個性が違い、お客さまのニーズもさまざま。これらは仕事を生み出す上で重要と思う。加えてチャレンジ精神」と言い切る。  それだけに、「面接で本音でものを言わない人をみていると悔しくなる。何でそんなに格好をつけるのか。大切な住まいを任せるお客さまは、営業マンの本音、本気を観察している。自分を出すことができる人物が信頼を得られると考えている」。 13年入社には約1万5000人がエントリー。応募者の中には業務内容をよく理解していない人もいた。面接は2、3回行うが回数の違いは仕事への理解度を確認するためだ。 「医師などと同様に、お客さまは気持ちを分かってくれる人なら安心して治療を受けられるし、知人にも紹介したくなる。そういう関係づくりができる人物を歓迎したい」という。

Read Article →